通販型自動車保険とは

「通販型自動車保険」ってテレビCMなどでも聞いたことがある
という方も最近では多いのではないでしょうか。

 

通販型の自動車保険は、ダイレクト保険とも呼ばれていますが、
○○ダイレクトという名前の自動車保険会社もたくさんあります。

 

ところで通販型の自動車保険といいますのは、
一般的な自動車保険とは何が違うところがあるのでしょうか?

 

一般的な自動車保険と通販型自動車保険の違いは、
まず第一に販売方法が違うということです。

 

今までの一般的な自動車保険の場合では、
自動車を購入した販売店や保険代理店を通じて契約をします。

 

つまり、あなたと保険会社の契約も間に、
他の仲介業者が入って契約をするということになります。

 

それに対して、通販型の自動車保険の場合では、
保険会社と契約者が直接契約をするというスタイルです。

 

保険代理店などの営業マンなどを介さずに、
保険会社が直接販売しているのが通販型の自動車保険です。

 

通販型の自動車保険は、保険会社とユーザーが、直接契約しますから、
代理店など仲介業者に支払っていた手数料やコストがかかりません。

 

ですから、通販型の自動車保険では保険料がその分安くなっています。

 

仲介業者を通さないということで、
保険会社の担当社員の顔を見て契約をするわけではありませんから、
その点は不安だという人もいるかもしれませんが、

 

通販型の自動車保険は、
補償内容や事故対応がしっかりしている自動車保険ばかりですから
その点はあまり心配する必要はありません。